javaのコンパイルとは

ここではjavaのコンパイルについて簡単に紹介します。

javaはプログラムをコンパイルすることで、java仮想マシンで実行するための中間ファイルを作成します。(現場ではよくclassファイルとか呼ばれているものです。)

java仮想マシンでは、この中間ファイルを機械語に変換しながらプログラムを実行していきます。通常コンピュータは機械語でプログラムを実行しますがjavaはこの中間ファイルを作成するところが特徴です。

そしてこの中間ファイルを、動作するOSごとに違う機械語に変換してプログラムを実行します。そのため、どのOSでも同じように動作します。

具体的なコンパイル方法はこちらで紹介しています。
>>コマンドプロンプトでjavaをコンパイルする方法