javaである条件に一致しないときだけ処理を実行する方法

ここではjavaである特定の条件に一致しないときだけ処理を実行する方法を紹介します。

条件に一致しないときだけ処理を実行させるにはifを使います。
「if(条件式){条件式の結果がtrueになるときに実行する処理}」を書きます。

このとき、条件式に一致しない条件を書きます。
例えば↓の例では、iとjが一致しないときだけ処理を実行するように、i!=jと言う風にiとjが異なる場合にtrueを返す条件式を書きます。

//testクラス
class test{
/* メイン処理 */
public static void main(String[] args){

int i = 1;
int j = 1;

//iとjが一致しないときだけ処理を実行
if(i != j){
System.out.println(“i と j は一致”);
}

}
}

}

もし一致するとき、不一致のとき、両方の処理を書きたければelseを使ってください。

ここではjavaである特定の条件に一致するときだけ処理を実行する方法を紹介します。

条件に一致するときだけ処理を実行させるにはifを使います。
「if(条件式){条件式の結果がtrueになるときに実行する処理}」を書きます

//testクラス
class test{
/* メイン処理 */
public static void main(String[] args){

int i = 1;
int j = 1;

//iとjが一致するときだけ処理を実行
if(i=j){
System.out.println(“i と j は一致”);
}else{
System.out.println(“i と j は不一致”);
}

}
}

}