javaで繰り返し処理を実行する方法(for文)

ここではjavaで繰り返し処理を実行させる方法を紹介します。

繰り返し処理を実行させる方法はいくつかありますが、ここではfor文を紹介します。
forは「for(変数の初期化;繰り返し条件;for文が繰り返されるたびに実行される式)」を書きます。

下の例では「for(int i=0;i<10;i++)」と書いています。まず初めにiが0で初期化されます。その後、iが10より小さいのでfor文のカッコ内に書いた処理が実行されます。sumにiの値が加算されます。そしてi++が実行され、iが1になります。
その後は初期化以外の処理がiが10より小さい間、繰り返し実行されていきます。

//testクラス
class test{
/* メイン処理 */
public static void main(String[] args){

int i = 0;
int sum = 0;

for(i=0;i<10;i++){
sum = sum + i;
}

}
}

for文をネストすることもできます。

testクラス
class test{
/* メイン処理 */
public static void main(String[] args){

int i = 0;
int j = 0;
int sum = 0;

for(i=0;i<10;i++){
for(j =0;j<10;j++){
sum = sum + j
}
}

}
}