javaで繰り返し処理を実行する方法(do-while文)

ここではjavaで繰り返し処理を実行させる方法を紹介します。

繰り返し処理を実行させる方法はいくつかありますが、ここではdo-while文を紹介します。
do-whileは「do{繰り返し実行させる処理}while(繰り返し条件の式)」を書きます。
whileと違い、繰り返し実行させる処理を実行した後、繰り返し条件の式を判定します。つまり繰り返し処理の1回目は絶対に実行されることになります。

下の例ではiが10より小さい間処理を繰り返し実行します。この例では繰り返し実行されるたびにiにプラス1しているので、10回処理を繰り返したらwhile文が終了します。

//testクラス
class test{
/* メイン処理 */
public static void main(String[] args){

int i = 0;
int sum = 0;

do{
sum = sum + i;
i++;
}while(i<10);

}
}

whileとの大きな違いは、一回目の処理が絶対に実行される点です。
例えば下の例だと、初めからiが100と言う大きな値であるにもかかわらず一回目の処理は必ず実行されます。一回目の処理を必ず実行させたいときに有効です。

//testクラス
class test{
/* メイン処理 */
public static void main(String[] args){

int i = 100;
int sum = 0;

do{
sum = sum + i;
i++;
}while(i<10);

}
}