【SQL】UPDATEで複数の列を同時に更新する方法

このページでは、データを更新するSQLであるUPDATE文を使って、同時に複数の列の値を更新する方法を紹介しております。

UPDATE文のサンプルは↓で多数紹介していますので参考にしてください。
>>【SQL】UPDATE文の書き方:サンプル多数あり

UPDATE文の基本構文

UPDATE文の基本的な構文は次の通りです。

UPDATE テーブル名 SET 列名 = 値[,列名 = 値] [WHERE 条件];

複数の列の値を同時に更新する方法

UPDATE文を使って、複数の列の値を同時に更新することが出来ます。

まずは、1つの項目を更新する場合のSQLです。

UPDATE
 tab1 
SET 
 col1 = 'test'
WHERE
 col4 = '001';

続いて、同時に2つのカラムを同時に更新するSQLです。

基本文法は同じですが、「,col2 = ‘B’」という風に、2つ目のカラムの更新情報をカンマ区切りで追加しました。

UPDATE
 tab1 
SET 
 col1 = 'test'
 ,col2 = 'B'
WHERE
 col4 = '001';

3つの列の値を同時に更新するSQLです。

さらに「,col3=’100’」という風に、更新情報をカンマ区切りで追加しました。

UPDATE
 tab1 
SET
 col1 = 'test'
 ,col2 = 'B'
 ,col3 = '100'
WHERE
 col4 = '001' ;

まとめ

UPDATE文で、複数の列の値を更新するには、カンマ区切りで更新情報を追加していきます。

上記の方法で、5~10個の列の値を同時に更新することが出来ます。ぜひ試してみてください。

この他にもUPDATE文には様々な書き方や使い方があります。
詳しくは「【SQL】UPDATE文の書き方:サンプル多数あり」で解説していますのでぜひ参考にしてください。