【ORACLE】セッションの強制終了するSQL

ここではORACLEデータベースで接続されているセッションを強制的に終了させるSQLを紹介します。

セッション情報の確認やロック待ちのセッションを確認する方法は↓の方法を参考にしてください。
>>【ORACLE】接続されているセッション情報を確認するSQL
>>【ORACLE】行ロック待ち状態のセッションを確認するSQL

セッションを強制的するSQL

・セッション情報を確認する方法
select * from v$session where type = ‘USER’;

・強制終了する方法
alter system kill session ‘100,200’;
※例はsidが100、serialが200のセッションをキルしています。

最後に

この他にも便利なSQLがあるのでぜひ使ってみてください。
【SQL】スキーマ(ユーザ)の一覧を確認する方法
【SQL】テーブルの一覧を確認する方法
【SQL】データ・レコード件数の多いテーブルを確認する方法
【SQL】パーティションテーブルの一覧を確認する方法
【SQL】表のパーティションごとの件数を確認する方法
【SQL】パーティションテーブルの設定内容を確認する方法