SELECTしたデータをそのままINSERTする方法

ここでは、SELECTしたデータをそのままINSERTする方法を紹介します。

例えば、バッチ処理の中で、あるテーブルから任意の条件でデータを抽出し、別のテーブルにそのままINSERTするようなケースで使われます。

通常のINSERT INTO TABLE名のあとにSELECT文をつなげることで実行できます。データを一度取得して一件ずつINSERTするよりも圧倒的に高速に処理できます。これにヒントやオプションを付け加えることで更に高速に処理できます。

INSERTをチューニングする方法はこちらにあります。
>>INSERT文のSQLチューニング方法

◆SQLの例

insert into table2
select
  a.*
from
  table1 a
;

SELECTしたデータをそのままINSERTする方法” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。