SQLで任意の大文字文字列と一致するデータを取得する方法

ここでは、ORACLE SQLで、任意の大文字文字列と一致するデータを取得する方法を紹介します。

小文字を大文字に変換するには、UPPERと言う関数を使用します。

ユーザさんやシステムの要件で表示する文字列を大文字に統一する必要がある場合などに使用します。

そして関数は、WHERE句で使用することが出来ます。

SQLの例

–col1の文字列を大文字に変換し、’TEST’と言う文字列と一致する行だけ取得する場合
select * FROM table1 where UPPER(col1) = ‘TEST’;

 

 

>>SQLで任意の小文字文字列と一致するデータを取得する方法

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

SQLのチューニングについては、「SELECT文のSQLチューニング方法まとめ」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。