ORACLEバージョンを確認するSQL

ここではORACELデータベースのバージョン確認をSQLで実行する方法を紹介しています。

ORACLEクライアントのバージョン確認は↓で紹介しています。
>>ORACLEクライアントのバージョンを確認する方法

ORACLEのバージョンの確認は、v$versionというビューテーブルをSELECTすると確認することが出来ます。

SELECT * RROM v$version;

上記のSQLを実行する以外にもコマンドプロンプトからSQLPLUSに接続するとバージョン情報を確認することが出来ます。

sqlplusは次のコマンドで接続することが出来ます。

sqlplus / as sysdba

最後に

この他にも便利なSQLがあるのでぜひ使ってみてください。
【SQL】スキーマ(ユーザ)の一覧を確認する方法
【SQL】テーブルの一覧を確認する方法
【SQL】データ・レコード件数の多いテーブルを確認する方法
【SQL】パーティションテーブルの一覧を確認する方法
【SQL】表のパーティションごとの件数を確認する方法
【SQL】パーティションテーブルの設定内容を確認する方法