Update文が遅いときのチューニング方法

ORACLE SQLのUpdate文が遅いときの一番簡単なチューニング方法を紹介します。

Update文が遅い原因の多くが対象データの絞り込みにかかる時間です。
これは通常のSELECT文に近い感覚でチューニングが可能です。

インデックスの作成

意外と知らない方が多いのですが、実はUpdate文でも索引(インデックス)が使えます。
下のようなUpdate文が遅い場合は、抽出条件である「div_cd」にインデックスを作成しましょう。

◆Update文の例

update table1 a
set item1 = ‘500’
where
  a.div_cd = ‘100’
;

◆インデックスの例

CREATE INDEX table1_idx0
  ON test01.table1(div_cd) TABLESPACE index_tbs;

対象データの抽出条件のチューニング

これも通常のSELECT文と同様にチューニングしておきましょう。
対象データの抽出が遅くて処理が終わらないというケースを結構見かけます。

SELECT文のSQLチューニング方法まとめ

Update文が遅いときのチューニング方法” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。