【SQL】パフォーマンスを左右する待機イベント

ここではORACLEデータベースの主な待機イベントを紹介しています。

SQLが遅いときは何らかの原因があります。↓で紹介していますので参考にしてください。
>>SQLが突然遅くなる原因と対応方法

主な待機イベント

ORACLEの待機イベントにはいくつかのクラスがあります。このクラスを知っておことで概ね、どんな処理に時間が掛かっているのかすぐに分かります。

・Configuration
ログスイッチやチェックポイント、空きバッファ待機など

・Concurrency
ライブラリキャッシュやバッファキャッシュの同時実行性に関するもの

・Commit
REDOログの書き込みなど、コミットに関するもの

・Network
OracleNetの送信待機など

・UserI/O
データファイルや一時ファイルの読み込みや書込みなどのI/Oに関するもの

・SystemI/O
制御ファイルやREDOログファイルの読み込みや書込みなどのI/Oに関するもの

・Scheduler
リソースマネージャに関するもの

・Cluster
クラスタRAC環境に関するもの

・Idle
アイドルイベント

・Other
分類できないもの

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

SQLのチューニング方法は↓で紹介していますので参考にしてください。
>>SELECT文のSQLチューニング方法まとめ