パフォーマンスを左右する待機イベント

ORACLEの待機イベントにはいくつかのクラスがあります。このクラスを知っておことで概ね、どんな処理に時間が掛かっているのかすぐに分かります。

・Configuration
 ログスイッチやチェックポイント、空きバッファ待機など

・Concurrency
 ライブラリキャッシュやバッファキャッシュの同時実行性に関するもの

・Commit
 REDOログの書き込みなど、コミットに関するもの

・Network
 OracleNetの送信待機など

・UserI/O
 データファイルや一時ファイルの読み込みや書込みなどのI/Oに関するもの

・SystemI/O
 制御ファイルやREDOログファイルの読み込みや書込みなどのI/Oに関するもの

・Scheduler
 リソースマネージャに関するもの

・Cluster
 クラスタRAC環境に関するもの

・Idle
 アイドルイベント

・Other
 分類できないもの

パフォーマンスを左右する待機イベント” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。