【ORACLE】ユーザー(スキーマ)の一覧を確認するSQL

ここではORACLEデータベースで、ユーザー(スキーマ)の一覧を確認するSQLを紹介しています。

ユーザの作成や変更、削除については↓で紹介していますので参考にしてください。
>>【ORACLE】ユーザー(スキーマ)を作成・変更・削除するSQL

ユーザー(スキーマ)の一覧を確認するSQL

ユーザーの一覧はDBA_USERSで取得することが出来ます。

DBA_USERSでは全てのユーザーの一覧を確認することが出来ます。

SELECT * FROM DBA_USERS;

DBA_USERSの列の意味は次の通りです。
・USERNAME
 ユーザー名
・USER_ID
 ユーザーのID番号
・PASSWORD
 パスワード
・ACCOUNT_STATUS
 アカウントの状態
・LOCK_DATE
 アカウントがロックされた日付
・EXPIRY_DATE DATE
 アカウントの時間切れの日付
・DEFAULT_TABLESPACE
 デフォルト表領域
・TEMPORARY_TABLESPACE
 デフォルトの一時表領域
・CREATED
 ユーザーの作成日
・PROFILE
 ユーザーのリソース・プロファイル名

パスワードを確認する方法

暗号化されていなければ、PASSWORD列でパスワードを確認することが出来ます。

SELECT username,password FROM DBA_USERS;

パスワードの変更やアカウントのアンロックなどは↓で解説していますので参考にしてください。
>>【ORACLE】ユーザー(スキーマ)を作成・変更・削除するSQL

まとめ

ユーザー(スキーマ)の一覧はDBA_USERSで確認することが出来ます。

この他にもORACLEにおける権限について↓で紹介していますのでぜひ参考にしてください。
【ORACLE】権限とは?システム・オブジェクト権限について
【ORACLE】システム権限の一覧
【ORACLE】システム権限を付与・取消するSQL
【ORACLE】オブジェクト権限を付与・取消するSQL
【ORACLE】オブジェクト権限を確認するSQL
【ORACLE】ユーザに付与されている権限を確認するSQL

【ORACLE】ロールに付与されている権限を確認するSQL