【ORACLE】オブジェクト権限を確認するSQL

ここでは、ORACLEデータベースでオブジェクト権限をSQLで確認する方法を紹介します。

オブジェクト権限を付与するSQLは↓で紹介していますので参考にしてください。
>>【ORACLE】オブジェクト権限を付与・取消するSQL

オブジェクト権限を確認するSQL

全てのユーザのオブジェクト権限を参照するときはDBA_TAB_PRIVSを参照します。

SELECT * FROM DBA_TAB_PRIVS;

ログインユーザのオブジェクト権限のみを確認するときはUSER_TAB_PRIVSを参照します。

SELECT * FROM USER_TAB_PRIVS;

DBA_TAB_PRIVSとUSER_TAB_PRIVSの列の値の意味は次の通りです。

・GRANTEE
 オブジェクト権限を付与されたユーザー
・OWNER
 オブジェクトの所有しているユーザー
・TABLE_NAME
 オブジェクトの名称
・GRANTOR
 権限を付与を実行したユーザー
・PRIVILEGE
 オブジェクト権限の種類
・GRANTABLE
 オブジェクト権限がGRANT OPTION付きで付与された場合はYES、そうでない場合はNO
・HIERARCHY
 オブジェクト権限がHIERARCHY OPTION付きで付与された場合はYES、そうでない場合はNO

まとめ

オブジェクト権限はDBA_TAB_PRIVSを参照して確認することが出来ます。

ログインユーザのオブジェクト権限のみを確認したいときはUSER_TAB_PRIVSを使います。

権限については↓でも紹介していますのでぜひ参考にしてください。
【ORACLE】権限とは?システム・オブジェクト権限について
【ORACLE】システム権限を付与・取消するSQL

【ORACLE】システム権限の一覧
【ORACLE】ユーザに付与されている権限を確認するSQL

【ORACLE】ロールに付与されている権限を確認するSQL