【ORACLE】表や索引などのオブジェクトのDDL文を取得するSQL

ここではORACLEデータベースで表や索引のDDL文を取得する方法を紹介します。

オブジェクトの一覧は↓で紹介しているSQLで確認することが出来ます。
>>【ORACLE】オブジェクトの一覧を取得するSQL

ORACLEオブジェクトのDDL文の取得方法

テーブルやインデックスなどのデータベースオブジェクトのDDL文を取得するには、DBMS_METADATAパッケージを使います。

次のSQLでは、SELECT文でDBMS_METADATAパッケージを呼び出してDDL文を取得しています。オブジェクトの名前とユーザー名を指定します。

select
    dbms_metadata.GET_DDL(
                           object_type=>'TABLE' --オブジェクトのタイプ
                           ,name=>'table1' --オブジェクト名
                           ,schema=>'user1' --スキーマ名
                         )
from
    dual
;

最後に

この他にも便利なSQLがあるのでぜひ使ってみてください。
【SQL】スキーマ(ユーザ)の一覧を確認する方法
【SQL】テーブルの一覧を確認する方法
【SQL】データ・レコード件数の多いテーブルを確認する方法
【SQL】パーティションテーブルの一覧を確認する方法
【SQL】表のパーティションごとの件数を確認する方法
【SQL】パーティションテーブルの設定内容を確認する方法