【ORACLE】表の統計情報取得日を確認するSQL

ここでは、ORACLEで統計情報が取得された日付をSQLで簡単に確認する方法を紹介します。

テーブルの統計情報が取得された日付を確認する方法

統計情報が最後に取得された日付は、テーブルごとに記録が残っています。

次のSQLでは、ALL_TABLESに登録された、統計情報が取得された日付を確認しています。オーナー名とテーブル名を指定して実行してください。

select
    a.TABLE_NAME --テーブル名
    ,a.NUM_ROWS --件数
    ,a.LAST_ANALYZED --統計情報を取得した日付
from
    all_tables a
where
    a.OWNER = '' --オーナー名
    and a.TABLE_NAME = '' --テーブル名

テーブルの統計情報を取得する方法

テーブルの統計情報を手動で取得する方法も非常に簡単です。詳しくは「【SQL】ORACLE表の統計情報を取得する方法」で紹介していますのでぜひ参考にしてください。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。

当サイトではSQLのチューニングについても紹介しています。
詳しくは「SELECT文のSQLチューニング方法まとめ」で解説していますので、ぜひ参考にしてください。