【ORACLE】テーブルのレコード件数を簡単に確認する方法

ここではORACLEデータベースで、テーブルのレコード件数を簡単に取得する方法を紹介します。

テーブルの情報を確認する便利なSQLを↓で紹介していますので参考にしてください。
>>【ORACLE】MAXやMINを使わずに最大値と最小値を取得するSQL
>>【ORACLE】COUNTを使わずに列が持つNULL値の個数を取得するSQL

テーブルのレコード件数を簡単に確認する方法

表のデータ件数の確認するとき、↓のSQLのようにカウント件数をよく使います。

select count(1) from table1;

このSQLでもレコード件数は取得できますが、表のレコード件数が多くなると時間がかかります。データベースに負荷もかかります。

そういったときはDBA_TABLESを参照して、テーブルの統計情報からレコード件数を確認します。これで実テーブルに負荷をかけずにレコード件数を確認することが出来ます。

select
    a.TABLE_NAME --テーブル名
    ,a.NUM_ROWS --件数
    ,a.LAST_ANALYZED --統計情報を取得した日付
from
    dba_tables a
where
    a.OWNER = '' --オーナー名
    and a.TABLE_NAME = '' --テーブル名
;

まとめ

DBA_TABLESを参照することで、実テーブルにアクセスせずにレコード件数を確認することが出来ます。

この他にも便利なSQLがあるのでぜひ使ってみてください。
【SQL】スキーマ(ユーザ)の一覧を確認する方法
【SQL】テーブルの一覧を確認する方法
【SQL】データ・レコード件数の多いテーブルを確認する方法
【SQL】パーティションテーブルの一覧を確認する方法
【SQL】表のパーティションごとの件数を確認する方法
【SQL】パーティションテーブルの設定内容を確認する方法