SELECTしたレイアウト・データで簡単にテーブルを作成する方法

ここでは、SQLでSELECTしたデータの項目や型とデータをそのまま使って簡単にテーブルを作成する方法を紹介します。

例えば、ある処理を実行する前の情報をテーブルのレイアウトそのままに、テーブルとして作成する際に有効です。処理実行前のバックアップを取るときなどによく使います。

方法は簡単です。次のSQLのように、CREATE TABLE AS SELECT・・・と言う形で、必要なSELECT文をつなげて書いてください。これによって、レイアウトはSELECT句の項目の順、型がそのまま、SELECTしたデータも保存されます。

単純にテーブル作成して、INSERTするよりも高速に実行できるのでオススメです。

◆SQLの例

create table table1_BK
as
select
  a.*
from
  table1 a
;

現場で使えるSQL第2版 Oracle 10 g・SQL Server 20 (DB magazine selection) [ 小野哲 ]

価格:2,376円
(2018/11/19 19:05時点)
感想(4件)

SELECTしたレイアウト・データで簡単にテーブルを作成する方法” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。