長時間処理のSQLや遅いSQLの確認方法

今回はORACLE SQLで処理に長時間かかっているもの、遅いSQLを調査・確認する簡単な方法を紹介します。

調査には動的パフォーマンスビューのV$SQLを参照します。

◆実行するSQL

select
SQL_TEXT
,ELAPSED_TIME –処理時間
,EXECUTIONS –実行回数
,ELAPSED_TIME/EXECUTIONS –一回あたりの平均処理時間
from
v$SQL a
order
ELAPSED_TIME desc
;

◆もしSQLが全て表示されない場合

select
SQL_FULLTEXT –フルテキストを指定
,ELAPSED_TIME –処理時間
,EXECUTIONS –実行回数
,ELAPSED_TIME/EXECUTIONS –一回あたりの平均処理時間
from
v$SQL a
order by
ELAPSED_TIME desc
;