Oracleの起動・停止コマンドの使い方

Oracleの起動・停止コマンドの使い方を紹介します。

ORACLEインスタンスの起動と停止

・SQL*Plusを起動する
sqlplus /nolog
・インスタンスに接続
connect / as sysdba
・起動方法
startup
・インスタンスの状態確認
select instance_name,status from v$instance;
・停止方法
shutdown normal;
オプションは以下4つから選択
normal・・・セッションが切断されるのを待ち停止します。
transactional・・・トランザクションが終了するのを待ち、停止します。
immediate・・・トランザクションをロールバックして停止します。
abort・・・トランザクションをロールバックせず強制停止です。次回起動時リカバリが実行されます。

ORACLEリスナーの起動方法と停止方法

・リスナーの状態確認
lsnrctl status LISTENER
・リスナーの起動
lsnrctl stop LISTENER
・リスナーの停止
lsnrctl stop LISTENER

OEM(Oracle Enterprise Manager)の起動と停止方法

・起動方法:emctl start dbconsole
・停止方法:emctl stop dbconsole