【SQL】ハードパースされた回数を確認する方法

ここではORACLEデータベースでSQLがハードパース(HARD PARSE)された回数を確認する方法を紹介します。

ハードパースの基礎的な内容や削減する方法は↓で紹介していますのでぜひ参考にしてください。
>>【ORACLE】ハードパースとは
>>【SQL】ハードパースを削減する方法

ハードパースされた回数を確認するSQL

下記SQLを実行すると表示される項目からハードパースの回数が分かります。

select
    a.name
    ,a.value
from
    v$sysstat a
where
    a.name like '%parse count%';

列の意味は次の通りです。
・parse count(total)
 ソフトパース、ハードパース両方の解析処理の合計値
・parse count(hard)
 ハードパース処理の回数
・parse count(failures)
 解析処理に失敗した回数

最後に

ハードパースされた回数はv$sysstatで確認できます。

SQLが解析されると実行計画が作成されます。
実行計画については↓で詳しく解説していますので参考にしてください。
>>【ORACLE】オプティマイザと実行計画について